Workshop

子供、親子向けのワークショップを定期的に開催しております。

『つながるえほんワークショップ』文化庁継続支援事業

2021年1月〜3月、ワークショップ「つながるえほん」を開催しました。コロナ渦において、それぞれ違う環境にいる子供たちが絵の中の線で繋がっていくワークショップを行い、オンライン上で繋がる絵本にして展示しております。3歳から12歳の子供たち+協力してくれた講師の先生、のべ88人の作品が繋がっています。
→『つながるえほん』プロジェクトについて 
→『つながるえほん』オンライン展示はこちら(表示に少々時間がかかります)

『変身アニメーション~ストップアニメーションを作ろう~』豊島区としまみらい文化財団主催

2020年のまちかどこどもの企画で、コロナ渦においてオンラインワークショップを開催しました。それぞれの家にある段ボールを使って、自分がなりたいものを等身大で制作したもので変身して、アプリでストップアインメーションを親子で作ってもらいました。制作様子とミニ動画はこちらで見ることができます。→https://www.youtube.com/watch?v=Gmx82YCjt7U

『アートサーカス~ミニ映画を作っちゃおう~』豊島区としまみらい文化財団主催

豊島区の夏休み企画でコロナ禍ということでオンラインワークショップを通して、子供たちの制作物をもとにミニ映画を制作しました。それぞれ好きなキャラクターを家にあるもので自由に工作した後、アプリでストップアインメーションを親子で制作してもらい、最終的には繋げて映画になりましたよ。

ミニ映画はこちらで見ることができます。
https://www.youtube.com/watch?v=Uq4ayXa9iSE

『秋色じゃばら絵本』渋谷区かぞくのアトリエ主催

オリジナルの動物に落ち葉を貼り付けて、それぞれ物語を考えてもらってから、じゃばら絵本として制作してもらいました。出来上がったじゃばら絵本は、広げて飾ることもできます。

『こどもステンドグラス~未来の木を窓に描こう!~』豊島区どしまみらい文化財団主催

2018年のまちかどこどもの企画にて、透明シートにみんなで考える未来の大きな木を描いて、豊島区庁舎の1Fの窓に貼り、ステンドグラスのように展示しました。

『小枝と動物の骨と羽で作るドリームキャッチャー』日清ホールディングス安藤百福センター主催

長野県小諸にある安藤百福センターでのイベントにて、小枝と廃棄される鹿の骨で作ったビーズと廃棄される鳥の羽で、オリジナルのドリームキャッチャーを作るワークショップを開催しました。ワークショップと小諸での思い出が、夢にも出てきますようにと願いを込めました。

小諸イベントの様子→https://www.youtube.com/watch?v=0DFEA5QIy94

『小枝と葉っぱで作るモビール』日清ホールディングス小諸自然センター主催

長野県小諸にある安藤百福センターでのイベントにて小諸の小枝と、葉っぱ、オリジナルの動物などを組み合わせで、モビールを作るワークショップを開催しました。

小諸イベントの様子→https://youtu.be/sNR60fgsTPI